体臭が気になる方の多くは、汗の量に悩まされている方も多いのが特徴です。

汗をかきやすいということは、その分臭いを発生しやすいことにも繋がりますよね。

汗をよくかく人が気になるのは、体臭だけではありませんね。

ズバリ、白いシャツの黄ばみです。

黒い服や、色が濃いシャツだと、黄ばみは目立ちにくいですが、肌着や下着、シャツというのは白いものが多い傾向にありますね。

会社に着ていくシャツは、白じゃないとダメという方も多いことでしょう。

そんなシャツの黄ばみ、きちんと落とせていますか?

黄ばみがついてしまうと、落ちにくく、落とし方がわからないから、新しいものを買い足しているという方もいることでしょう。

今回は、シャツの黄ばみに有効な落とし方をご紹介します。

すぐに真似できる落とし方をご紹介しますので、節約のためにも、悩み改善のためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

シャツの黄ばみの原因

脇の臭いや、脇汗に悩んでいる方は、目にしたことが多いであろう“アポクリン腺”。

シャツの黄ばみの原因も、このアポクリン腺が関係しています。

アポクリン腺は脇の下や、デリケートゾーンなどに存在し、ワキガ臭を放つことで知られていますが、このアポクリン腺から、脂質やタンパク質、糖質などの成分が分泌されるのと同時に、リポフスチンという色素も入っています。

ワキガが強くなればなるほど、この色素成分であるリポフスチンも多く分泌されてしまうのです。

この色素成分が分泌されることで、シャツに黄ばみを付けてしまうわけです。

また、この色素以外にも、デオドランド剤によって黄ばんでしまうこともあります。

デオドランド剤が原因で黄ばんでしまった場合は、石けんを直接黄ばみ部分にあて、こすり洗いをしたり、漂白などをすることで落としやすかったりもしますが、それでも落ちにくい場合は、デオドランド剤の種類を買えるのも一つの手です。

それに比べ厄介なのは、臭いも発するアポクリン腺からの分泌物ということです。

では、どうやって黄ばみを落とせばよいのか、その落とし方をみていきましょう。

落とし方はポイントをおさえよう!

では早速、落とし方のポイントを3つチェックしていきましょう!

ポイント1:汚れをしっかりと落とす
黄ばみに限らず、シャツの黒ずみや汚れの落とし方を考えた時に思い浮かびやすいのは、漂白剤だと思います。

しかし、黄ばみにたどりつくまえに、汚れが付着してしまっていることも多いので、まずは汚れをしっかりと落とすことが大事なのです。

そこで有効なのは、台所用洗剤を使って直接洗うということ。

直接黄ばみが気になる部分に洗剤を塗布し、歯ブラシなどでこすって落とすのが良いでしょう。

台所用洗剤の他にも、クレンジングオイルも有効です。

洗い方は洗濯用洗剤と同様に行っていきます。

この時に注意したいのは、カラーシャツや柄物は色落ちしてしまう可能性があるということと、硬い歯ブラシを使ってしまうと生地が傷ついてしまうことを覚えておくと良いですね。

ポイント2:漂白剤を使おう
しっかりと汚れが落ちたことを確認できたら、次は黄ばみを落としていきましょう。

40度程のお湯に漂白剤を溶かし、その中にシャツを浸けて30分程置いておきます。

そのあとは、いつも通り洗濯機へ。

ここでポイントになるのは、お湯に漂白剤を溶かすときに、泡立つくらいかきまぜておくことです。

しっかりとシャツに漂白剤を浸透させるために大事なこととなります。

ポイント3:頑固な黄ばみには重曹を
漂白剤でも黄ばみが落ちない場合は、重曹を使いましょう。

ポイント1の工程を行った後に、漂白剤と、重曹を大さじ1杯ほどだして100mlのお湯と混ぜ、黄ばみの気になる部分に直接塗っていきます。

このあと、熱を加える必要があります。

漂白剤には、酸素系と塩素系があるのですが、衣類によって使えるものが異なります。

必ずタグについている表記をチェックしてから使用するようにしてくださいね。

熱を加える必要があるのは、酸素系の漂白剤です。

酸素系の漂白剤には、過酸化水素が含まれており、過酸化水素は加熱されることで色素を除去する力がアップします。

そのため、スチームアイロン、もしくはドライヤーの温風をあててから、洗い流すようにすると効果的なのです。

スチームアイロンを使用する際は、他の部分に当たらないように気を付けましょう。

シャツの黄ばみの落とし方は、3つのポイントをおさえよう!:まとめ

シャツの黄ばみの落とし方をご紹介してきましたが、用意するものもそんなに多くはなく、家庭にあるもので出来るので、毎回シャツを捨てる必要はなく、自宅で黄ばみを除去できることがわかりましたね。

今回ご紹介した3つのポイントをおさえ、黄ばみをしっかりと落としていきましょう。