わきが ロールオン おすすめ

あなたは自分に合ったデオドラントケアができていますか?わきがにおすすめのロールオンオンタイプの商品をご紹介!いま人気のものとは?
MENU

わきがにおすすめのデオドラントケア!ロールオンタイプ編!

わきの臭いケア、みなさんは何でしていますか?

 

お風呂の入り方に工夫をしていたり、体を洗うものにこだわっている方もいれば、デオドラントケア商品一択!という方もいることでしょう。

 

特にわきがの場合は、臭いをどうやって抑えるか、汗をどうやって抑えるかにこだわっている方が多いことから、そういった効果に優れているものをチョイスする必要があります。

 

わきがの程度にもよりますが、ロールオンタイプのものを使用している方も多いですよね。

 

今回は、わきがにおすすめのロールオンタイプの制制汗剤に注目して、ご紹介していきます。

 

<わきがにおすすめのロールオンとは>
早速わきがにおすすめのロールオンを見ていきましょう。

 

ロールオンタイプは、市販されているものが多いことが特徴です。

 

市販されているものだと、思い立ったときに購入できるのが良いですよね。

 

おすすめ1:クリニーク アンティ パースパイラント デオドラント ロールオン
クリニークのロールオンは、2000円(税別)と、市販しているものの中では比較的、高価なものになりますが、その分効果を感じている人が多いのがクリニークのデオドラントロールオンです。

 

女性誌にもたびたび取り上げられているので、購入する際に買いやすいというのもおすすめポイントです。

 

クリニークのロールオンは、リピート率も高く、デザインがクリニークの他のスキンケア商品と何ら変わりがなく、パッと見でロールオンだとわかりにくいのも特徴です。

 

他のロールオン商品の効果と比べたうえで、「臭いに対して効果がある」「汗をかきにくい」と、おすすめしている方が多い商品でもあるので、わきが臭に悩んでいる方にもおすすめです。

 

塗ってから、しっかり乾かさないと効果が半減してしまうため、しっかりと乾かしてから服を着るようにしましょう。

 

おすすめ2:デオナチュレ ソフトストーンW
天然アルム石で出来ているデオナチュレのソフトストーン。

 

わきがの原因と言われるアポクリン腺からの汗を、デオナチュレを塗ることで皮膚に膜をつくり、汗を抑え、臭いの元となる雑菌も寄せ付けません。

 

天然アルム石はミョウバンです。

 

ミョウバンが、わきがに効果的というのはよく知られていますよね。

 

ミョウバンを買ってきて、ミョウバン水を作ってわきがにスプレーしている方も多いですが、それを面倒と感じる方や、手軽に手に入るものが欲しいという方にデオナチュレは人気があります。

 

「汗ジミが気にならなくなった」「ワキの臭いがしなくなった」と評価すえる方が多く、またコスパが良いのもおすすめポイントです。

 

おすすめ3:ビオレ デオドラントZ ロールオン
CMで話題となった新商品のこちらのデオドラントロールオン。

 

“たくさん汗かいても、1日ずっとニオわせない”をキャッチコピーとし、汗瞬間ドライパウダーを配合しているため、わき汗をすぐに蒸発させてくれます。

 

わきがの臭いは、汗をかいた状態で雑菌が繁殖してしまうとより強く臭いを放ってしまうので、蒸発という点がここでのおすすめポイントとなります。

 

また、汗殺菌スタミナ技術を採用し、汗をかいてもニオイ菌への殺菌作用が続くため、わきがにもおすすめの商品と言えます。

 

<わきがにおすすめのタイプは?>
わきがにおすすめのロールオンタイプ編としてご紹介してきましたが、上記であげたロールオンタイプは、比較的軽度のわきがの人に向いていると言えます。

 

ロールオンタイプは、スプレータイプのものよりはわきがに効果があるとされますが、それでも強度のわきがにはロールオンタイプはおすすめできません。

 

実際にロールオンタイプを使ってみたけれど、わきがに効果がなかったという方も多くいるのが現状です。

 

そのため、わきがの臭いが強いという方は、ロールオンよりもクリームやスティックタイプを選ぶのもひとつの手かと思います。

 

<わきがにおすすめのデオドラントケア!ロールオンタイプ編!:まとめ>
今回はわきがにおすすめのロールオンをご紹介してきました。

 

どれも口コミ評価が高く、効果を実感している方が多くいます。

 

あなたのわきがの程度により、ロールオンであっても効果に差はでてきます。

 

自分の肌にはどのようなものが合うのか、試行錯誤しながら見つけていきましょう。

 

>>デオシークはアマゾンで買える?【販売店の価格を徹底比較!】

メニュー

このページの先頭へ