リフレア 落とし方

気になる脇のにおい、抑えたいですよね。そのためには、正しい塗り方、正しい落とし方をすることが大事です。ポイントをおさえて使用しましょう。
MENU

リフレアの正しい落とし方、正しい塗り方とは!?

市販の制汗剤の中で人気の高いリフレア。

 

種類が豊富であり、近場の薬局などで手に入るのが人気の秘訣でもありますね。

 

また、リフレアは、ロート製薬のメンソレータムと名の知れたブランドから発売されているので、安心して手に取りやすいという部分もあるでしょう。

 

リフレアは、脇の臭いや、脇汗に効果的とされています。

 

デオドラントケア商品は、いろんな種類がありますが、脇の臭いや汗を根本から抑制するといった意味では、しっかりと密着さえることができるロールオンやクリームタイプのものが人気ですね。

 

そんなロールオンタイプやクリームタイプは、落とし方も重要になってきます。

 

なぜなら、落とし残しがあると、汚れとして溜まり、それが臭いや黒ずみの原因ともなりうるからです。

 

そのためには、リフレアの正しい塗り方、落とし方をチェックしておく必要があります。

 

ここでは、リフレアの落とし方に焦点をあて、調べていきます。

 

<リフレアの塗り方>
まずは、リフレアの塗り方からチェックしていきましょう。

 

リフレアは、ロールオンタイプ、クリームタイプ、クリームバータイプ、ミストタイプなどがあります。

 

どれも塗るタイミングは特に決まっていないのですが、効果的とされているのは、朝のお出かけ前と、夜寝る前もしくはお風呂上りに塗ることとされています。

 

また、外出先で塗りなおすのもOKなので、臭いや汗が気になるタイミングで塗って大丈夫なのです。

 

全てのタイプに言えることですが、綺麗な状態の肌に塗ることで効果を発揮するので、汗をかいた状態で塗ってもまた汗と一緒に流れてしまうことがあります。

 

そのため、汗はきちんと拭きとったうえで、塗りなおしをするのが良いでしょう。

 

<リフレアの落とし方>
リフレアを使用している方の口コミをみていると、「クリームタイプは落としづらい」というのを目にします。

 

クリームタイプは、皮膚に密着するように作られているので、臭い対策や汗対策として有効でもありますが、その分落としにくいという部分もあるのです。

 

またリフレアのクリームタイプの特徴として、2種類の殺菌成分と高密着処方がされていて、長時間の持続力に期待がもてるという部分もあり、効果面では良いけれど、きちんと落とすにはどうしたら良いのかな?と悩む部分でもあったりします。

 

そして、手にとって使うクリームタイプのものは、手についたクリームも落としにくいという声もみかけます。

 

こうしたクリームを落とすのに有効なのは、まず石鹸とお湯なのですが、それでも落ちない場合は、メイク落としを使用するのが効果的です。

 

デオドラントケア商品と言っても、きちんと洗い流さないと毛穴を塞いでしまい、汚れが詰まり、細菌の繁殖にも繋がってしまいます。

 

ただし、メイク落としを脇の下に使うのはどうなのだろう…という点があります。

 

というのも脇の下の皮膚は薄く、デリケートな部分でもあるので、肌が弱い方はクレンジングを使った落とし方は真似しない方が良いですね。

 

クレンジングを使用した落とし方に有効なのは、手についたクリームの時と覚えておくと良いでしょう。

 

そういった面でいくと、脇に塗ったときのクリームの落とし方は、脇専用のピーリング剤や、脇専用の石鹸で洗うのが一番かと思います。

 

<リフレアの正しい落とし方、正しい塗り方とは!?:まとめ>
リフレアは、どれも持続力が高いことが売りで、密着力にも優れています。

 

その分、肌にのせた時に落としにくいという点が浮き上がってきてしまいますが、やみくもに爪でこすったり、指でこすったりするのはやめましょう。

 

脇の下に傷がつき、そこから細菌が入り込んでしまう危険性もあります。

 

どうしても落ちにくいという方は、脇の下専用の石鹸を使用するのが効果的です。

 

脇も、顔と同じように適度にピーリングなどを行い、毛穴の詰まりや汚れをかきだしてあげると良いので、脇用のピーリング剤を取り入れるのもアリです。

 

正しい塗り方、落とし方でリフレアをより快適に使用しましょう。

 

>>デオシークはアマゾンで買える?【販売店の価格を徹底比較!】

 

このページの先頭へ