ミョウバン風呂 作り方

汗の臭いや加齢臭にも効果があるとされるミョウバン。そんなミョウバンを使ったミョウバン風呂をご紹介!気になる作り方、効果をチェック!
MENU

ミョウバン風呂の作り方を大調査!効果はどうなの?

スーパーやドラッグストア、場所によっては100均でも買うことができるミョウバン。

 

ミョウバンは、漬物や煮物の保存剤として使用したり、漬物の変色の防止やあく抜きなどに使用することができます。

 

料理に使う以外にも、ミョウバン水としてデオドラントケアに使用したり、ミョウバン風呂として使用することもできるのです。

 

ミョウバン水として、ミョウバンを買う方は非常に多く、ミョウバン水の作り方は知っているという方が多いでしょう。

 

では、ミョウバン風呂はどうでしょうか。

 

ミョウバン水の作り方は知っているけれど、ミョウバン風呂の作り方はわからないという方も多いことでしょう。

 

今回はそんなミョウバン風呂に焦点をあてて、作り方や効果をみていきたいと思います。

 

<ミョウバン風呂の作り方>
では早速、ミョウバン風呂の作り方をみていきましょう。

 

用意するものは、ミョウバンと水、空のペットボトルの容器です。

 

まずはミョウバン水を作ることから始まります。

 

1.5lの空のペットボトルに対し、ミョウバン50gをいれ、そこに水道水を注ぎます。

 

蓋をしっかりしめたら、よく振りましょう。

 

ミョウバンを入れたばかりの時は、白く濁った色をしていますが、透明になれば完成です。

 

ミョウバンは溶けにくいので、1日程そのまま放置しておくと透明になります。

 

これがミョウバン水の原液となり、デオドラントケアとして使用する場合は、10倍程薄め、他のスプレー容器などに入れ使用するのが良いでしょう。

 

ミョウバン風呂にするには、この原液を沸かしたお風呂に30〜50ml程入れていきます。

 

ペットボトルの蓋を目盛り代わりに使うと便利です。

 

これでミョウバン風呂の完成です。

 

はじめてミョウバン風呂を作るときは、30mlと少量からはじめるのが良いでしょう。

 

というのも原液を入れるため、人によっては刺激がある方もいるようなので、肌が弱い方はパッチテストを行うか、少量から試すのが良いのです。

 

ミョウバン水の作り方をおさえておけば、そのままミョウバン風呂に使えるので、ミョウバン風呂も簡単にできちゃいます。

 

<ミョウバンの効果とは>
ミョウバンは、料理に使用することもできますが、殺菌効果や消臭効果もあるので、デオドラントケアとしても非常に有効なアイテムなのです。

 

ミョウバンがワキガや体臭に効果的とされるのは、この殺菌作用、消臭効果、制汗作用があるためです。

 

デオドラントケアには欠かせないこの3つの要素がミョウバンには備わっているので、デオドラントケア商品を買うよりも、ミョウバン水を作って脇や足にスプレーをしている方も多いんですね。

 

ワキガの元となる汗はアルカリ性なのですが、ミョウバン水は酸性です。

 

このアルカリ性の汗に、酸性のミョウバン水をスプレーすることで中和され、雑菌の繁殖などを抑えてくれる効果に期待がもてるのです。

 

理にかなっていますよね。

 

ミョウバン水は、制汗効果もあるため肌の引き締めにも効果がもてます。

 

これは、毛穴を引き締め、毛穴からでる汗を抑えるということにも繋がります。

 

しかし、これをミョウバン風呂として浸かった場合、汗を抑えてしまって大丈夫なのか?という疑問も湧いてきます。

 

もともとお風呂は浸かっているだけで発汗作用がありますよね。

 

ワキガにだけ、足の臭いにだけという部分的に使用する分には制汗作用は嬉しい作用でもありますが、全身に使用するのは若干不安が残ります。

 

人によっては、ひりひりしたり、痒みがでてしまうこともあるようなので、ミョウバン風呂に入るときは、やや注意が必要でもあります。

 

<ミョウバン風呂の作り方を大調査!効果はどうなの?:まとめ>
ミョウバン風呂の作り方は、とても簡単だということがわかりましたね。

 

ミョウバン水の作り方さえおさえておけば、作り置きしておいたミョウバン水でミョウバン風呂を作ることができます。

 

しかしミョウバン風呂は、ワキガや体臭に効果的というよりも、肌に良いのかどうなのか、という刺激の部分でやや不安があるものでもあります。

 

自分の肌に合うかどうか、きちんと判断してから入るようにしてくださいね。

 

>>デオシークはアマゾンで買える?【販売店の価格を徹底比較!】

メニュー

このページの先頭へ