あなたの肌は強い方ですか?それとも敏感肌ですか?

生まれつき肌が弱い方もいれば、今までなんともなかったのに、ある日突然肌が弱くなるという方もいます。

もしくは、特定の製品、成分が含まれているものだと、肌が荒れたり、かゆみがでるという方もいますよね。

肌が弱いという自覚がある方は、初めて使用する製品に対してはパッチテストを行っているのではないでしょうか。

ワキの下というのは、皮膚が薄く敏感な部分でもあります。

そのため、他の箇所に比べると、かゆい!という刺激が起こったり、しみる!ということも起こりうるのです。

それは人気製品でも同じです。

人気商品のデオナチュレも、使用していてかゆいと感じる方がいるようです。

はたしてその理由とは何なのでしょうか。

対策方法はあるのかも見ていきましょう。

デオナチュレを塗るとかゆい?

デオナチュレにもいくつか種類が存在します。

一番人気の高い“ソフトストーンW”をはじめとし、濃厚なクリームタイプの“さらさらクリーム”、水で濡らして使う“クリスタルストーン”などがあります。

今回はデオナチュレの中でもスタメンに位置するこの3つの中で、かゆいという症状がでることはあるのかをチェックしていきます。

デオナチュレは口コミで広がり人気になった商品でもあります。

そのため、今回は数多くある口コミの中から、かゆいという症状が出た方の意見を参考にしていきたいと思います。

◎消臭効果は実感できたが、使用開始から1~2週間でかゆみがでてきた
◎使用していくうちに、かきむしるほどかゆくなった
◎塗ってしばらくしてから、かゆくなった
◎スプレーを近距離で使用した時のようなかゆさ

口コミを見てみると、かゆいと感じた方の意見を見ることができました。

塗った直後から、かゆいと感じた方もいれば、しばらく使い続けていくうちに、かゆいと思うようになった方もいます。

クリームタイプのものよりは、直接肌に塗るタイプの物の方がかゆみを感じている方の方が多い印象です。

デオナチュレは天然アルム石を配合し、高い抗菌効果と汗を抑制する効果があります。

この天然アルム石は、ミョウバンのため、比較的刺激は少ないとされているのですが、それでもやはりミョウバンでもかぶれてしまったり、かゆいと感じる方はいます。

デオナチュレをかゆいと感じる方に見られる理由としては、成分が肌に合わないことや、塗り方に問題があったということが考えられます。

ニオイや汗が気になるあまりに、塗りすぎていたり、かゆいと感じた時点で使用を止めずに継続して使用することで、かゆみが増してしまったということです。

また、ワキの処理をした後にすぐ塗ってしまっているという方もいます。

自己処理直後は、肌が敏感になっていますし、炎症も起こしやすいので、注意が必要です。

かゆいと感じたら

かゆいかも!と感じた時点で、一度使用を中止することをおすすめします。

何らかの刺激が肌に加わっているということなので、負担になっていることは間違いありません。

「この間までは平気だったのに」という方も、生活環境が変わったり、ストレスが増えたりと刺激になることが起きていると肌にかゆみがでてくることもあります。

かゆいと感じているのに使い続けてしまうと、赤みがでてきてしまったり、かきむしるほどのかゆみに発展してしまうこともあります。

そうなってくると皮膚科に行って処置をすることにもなってしまいます。

まずは、使用方法、使用量をきちんと確認し、もともと肌が弱いかたは、ワキに塗る前に他の箇所で試し塗りをすることが大事です。

かゆいと感じていても使い続けてしまう人は、「ワキ汗がおさまっている」「ニオイが軽減できている」という効果を実感できている方に多くみられます。

それでも一度使用を中止し、かゆみが収まるのを待つのが良いでしょう。

かゆみが酷くなってしまってからでは、デオナチュレ以外のものでもワキの下に塗ることが困難になってしまうこともあるので、注意が必要です。

大人気のデオナチュレを塗るとかゆい!その理由とは?:まとめ

デオナチュレを塗って、かゆいと感じる方は少数ですが存在していました。

これだけの人気商品なので、肌に合わないと感じる方が出てくるのも仕方がないことです。

それでも刺激が弱いとされている成分を配合しているので、かゆみがでてしまった方は、塗り方や量をもう一度確認する必要がありますね。

せっかくの良い商品で辛い思いをするのは嫌だと思うので、かゆいと感じたら症状がひどくなる前に使用を中止する決断をしましょう。