あなたは、デオドラントケアアイテムにいくら出せますか?

値段というのは、効果と同じくらい重要視するものでもありますよね。

デオドラントケアアイテムの値段にもピンからキリまであるので、高いものだと1万円近いものもありますし、安いものだとワンコインでお釣りがくるものもありますよね。

値段と効果が比例しているとも一概に言えない部分がありますし、安くて良いものもたくさんありますよね。

そんな中で、今回はBanのロールオンタイプの値段に注目して見てみたいと思います。

最近沢尻エリカさんのCMでも話題になっているBanの汗ブロックロールオン。

そんなBanのロールオンはいくつか種類があるのはご存知ですか?

Banのロールオンはどこで買えるのか、購入場所によって値段に違いがあるのかを見ていきます。

Banのロールオンの種類と値段

では早速、Banのロールオンの種類と値段をみていきましょう。

今回は、マツモトキヨシ、爽快ドラッグ、Amazon、楽天での値段の違いを見ていきます。

ポイント1:Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルの値段
①マツモトキヨシ 無香料698円(税込)せっけんの香り756円(税込)
②爽快ドラッグ 無香料598円(税込)せっけんの香り753円(税込)
③Amazon 無香料609円(税込)せっけんの香り754円(税込) 
④楽天 無香料580円(税込)せっけんの香り754円(税込)

ポイント2:Ban汗ブロックロールオンの値段
①マツモトキヨシ 無香性598円(税込)せっけんの香り598円(税込)
②爽快ドラッグ 無香性496円(税込)せっけんの香り496円(税込)
③Amazon 無香性498円(税込)せっけんの香り527円(税込)
④楽天 無香性416円(税込)せっけんの香り410円(税込)

ポイント3:Banニオイブロックロールオンの値段
①マツモトキヨシ 無香性548円(税込)せっけんの香り548円(税込)
②爽快ドラッグ 無香性467円(税込)せっけんの香り467円(税込)
③Amazon 無香性562円(税込)せっけんの香り538円(税込)
④楽天 無香性327円(税込)せっけんの香り319円(税込)

Banのロールオンタイプには3種類、無香のものとせっけんの香りのものが存在します。

こうして4つのお店で値段を比較してみると、かなりの差があることがわかりますね。

その時々でセールをしていることもあれば、ポイントの付き方が異なるという部分はあるものの、同じ商品でもここまで差がつくのは驚きでもあります。

※値段に関しては、そのときの一番安い価格を表記させていただきました。

どんな効果に期待がもてる?

3種類の値段がわかったところで、3種類の効果の商品の違いもチェックしておきましょう。

ポイント1:Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベル
“真夏でも汗ジミを気にせず過ごせる”密着力が他の製品に比べてパワーアップしているため、ワキ汗をよくかく方、抑制したい方におすすめです。

ナノイオン制汗成分を配合しているため、汗の出口に蓋をし、ワキ汗が外に出る前にブロックしてくれます。

ワキの臭いは、イソプロメチルフェノールによりニオイ菌を殺菌し、1日中快適に過ごすことを目標としています。

パッケージはプレミアム感漂うゴールドデザインです。

ポイント2:Ban汗ブロックロールオン
紫と青の色味が可愛らしいのが汗ブロックロールオンです。

ナノイオン制汗成分が、汗の出口に蓋をし、汗が出る前にワキ汗をブロックします。

この処方はプレミアムラベルと同じです。

べたつきがなく、すぐに乾くため、急いでいる朝にも塗りやすいのが特徴です。

汗が出る前にブロックしてしまうのは、体の機能的に心配になる方もいるかもしれませんが、ワキからでる汗は体の中のわずか1%と言われています。

そのため体温調整にも影響はなく、安心して使えそうですね。

ポイント3:Banニオイブロックロールオン
ワキの臭いを抑えたい方に向いているシリーズです。

ナノイオン殺菌成分を皮膚にしっかりと密着させ、ニオイ菌を長時間ブロックさせます。

上記の2つの製品に比べて、名前の通りニオイをブロックすることに焦点をあてた商品です。

汗よりもニオイが気になる方向けです。

CMで話題の、Banのロールオンシリーズの気になる値段は?:まとめ

今回はBanのロールオンシリーズの値段をチェックしてきましたが、販売店により差がでることがわかりました。

その時の販売状況によっても値段は変わってくる部分があるので、安く手に入れたいのか、それとも各店舗のポイントを貯めたいのか、もしくは送料込みのところが良いのか。

優先順位は人により異なると思いますが、せっかくなので、お安く手に入れられるところで購入して、いつも使っているシリーズではないものに挑戦するのも良いかもしれません。