クリニーク デオドラント 使い方
化粧品ブランドのクリニークはデオドランド製品も評判が非常に高く、様々なデオドランド製品の人気ランキングでも上位を獲得している実力派です。

何といってもクリニークのデオドランドの人気が高い理由は持続力の高さでしょう。

1度塗ると24時間臭いを抑えてくれるので、1日に何度も塗り直しする必要がないと、仕事や子育て忙しい女性に人気のデオドランドです。

しかし、クリニークのデオドランドの消臭効果は非常に高いのですが、使い方を間違えるとせっかくの効果が台無しになってしまうことも…

クリニークのデオドランドの正しい使い方とはどのようなことに気をつければいいのでしょうか?

正しい使い方をまとめているので、クリニークのデオドランドを試そうと思われている方はぜひチェックしてくださいね!

クリニークのデオドランド 正しい使い方

・塗布する部位を清潔にしてから塗る

クリニークのデオドランドを使用する際に汗をかいて雑菌が繁殖している状態に塗っても成分が浸透しにくくなるので、消臭効果は弱まってしまいます。

クリニークのデオドランドを使用する前は、必ず塗布する部位を清潔なタオルを濡らして拭き取るなどしてから塗りましょう。

おすすめなのはお風呂上がりです。

クリニークのデオドランドは1日1回塗れば24時間効果を持続させることができますし、お風呂上がりに塗る習慣をつけておけば、塗り忘れを防ぐこともできます。

・しっかり乾かす

クリニークのデオドランドを塗った後は完全に乾いてから服を着ないと、効果は下がってしまいます。

しかし、完全に乾くのに時間がかかるのがデメリットで、何もしないで放置していると完全に乾かすのに約10分はかかってしまいます。

デオドランドを乾かすために10分もかかるのは、正直ちょっと面倒ですよね…

早く乾かすために、ドライヤーを冷風にしてデオドランドを塗布した部位に風をあてることで、何もしないよりも乾きが早くなります。

もっと早く乾かしたいからと温風にしてしまうと、クリニークのデオドランドの効果が下がってしまうので気をつけてくださいね。

デオドランドを塗布した部位が粉っぽくなったら完全に乾いた状態ということになります。

クリニークのデオドランドの正しい使い方といっても、たったこれだけなので、これなら誰でも簡単にできますよね。

敏感肌の人は使えない?

正しい使い方でクリニークのデオドランドを使ったとしても、敏感肌の人が使うと肌荒れを起こすって本当なのでしょうか?

クリニークのデオドランドには塩化アルミニウムのオドレミン・テノール液が配合されており、これらの成分は消臭効果にとても効果的ではありますが、その分肌への負担がかかりやすいので、肌が弱いと炎症や痒みを引き起こす原因になります。

最初使ってみた時は何も肌荒れを起こすことはなくても、使い続けていくうちに肌トラブルを起こすようになるケースも少なくありません。

また、クリニークのデオドランドには強めの香料が配合されていることから、敏感肌だとその香料に反応してしまうことも…

クリニークのデオドランドは非常に制汗・消臭効果が強い商品ではあるのですが、使い方だけでなく、副作用にも注意する必要があるようですね。

もちろんクリニークのデオドランドを使ったら必ず肌荒れを起こすわけではありませんが、デオドランドを塗る時にはまず少量を塗ってみて、肌荒れを起こさないかどうかチェックしてから使うようにしましょう。

クリニークのデオドランドの使い方はとても簡単なので、習慣化しやすいこともあり、愛用者も多い商品です。

ただ、効果が強い分、肌荒れを起こす人も多いので、敏感肌の人は残念ではありますがクリニークのデオドランドを使用しないようにし、初めて使う方は副作用が起きないかどうか十分にチェックしてから使うようにしましょう。